ボーズ頭をのぞいてみれば

坊主リーマンの考えたこと、買ったもの、読んだ本など

買い物・公園・電車に車も便利!住んでみたいな浦和美園

buzz-headです。 

埼玉県の浦和には浦和と名の付く駅が●駅ある。というトリビアをご存じでしょうか?正解は8つ。本家浦和以外に東西南北+中・武蔵・美園の7つ、その7つ目が今回話題にする浦和美園です。実際に住んでいるわけではありませんが、ここ最近ちょこちょこ遊びに行っていて住みやすそうだなと思った次第です。
 

1.車に電車、交通はとりあえず便利

 電車は都心へ埼玉高速鉄道で1本で、南北線を通して東急目黒線までつながっているので自由が丘までも乗換なしです。難点としては平成に入ってから開通した地下鉄なので工事費がかかっておりその分初乗り210円と高く交通費はそれなりにかかってしまいます。
 車は東北道浦和インターが最寄りであり、東西方向は新見沼大橋を介して浦和中心部まで片側2車線道路が通じています。
 

2.買い物はイオン、足を延ばせばレイクタウン

 買い物はイオン浦和美園が街ができた頃にオープンしています。イオンモールとして特別大きいわけではありませんが、無印やユニクロ、家電量販店など基本的な専門店を押さえていますし、車で足をのばせば30分程度で越谷レイクタウンに達します。
 

3.公園・公共施設

 公園は大きい公園が2つ、しらこばと水上公園、健康福祉村という施設があります。しらこばと水上公園はその名ののごとく夏はプール、それ以外の季節では近辺で最大規模の公園遊具が最近オープンしておすすめです。プールは埼玉県営であり、首都圏でも数少ない水遊びオムツを着用すればオムツのはずれていない子も入れるプールです。健康福祉村は公園部しか利用していませんが、若干遊具は少ないモノの広い土地を備えており1日のびのび過ごすことができます。
 公共施設として、今年はじめに浦和美園駅前に図書館や市役所支所などがオープンしておりほとんどのことは浦和中心部に出かけることなくエリア内でできるようになっています。
 
番外編 ほしあい眼科
実は気になっているスポット。グーグル検索してストリートビューでも見れますが、気動車1両まるまる置いてあったり、他にも電車の先頭部をカットしたものが置いてあるテツ分豊富なお医者さんです。
 
いかがでしたでしょうか。僕の場合、職場条件等から住むことはできませんが、子育て世代にはすごくいい街だなと感じています。

【スポンサーリンク】