ボーズ頭をのぞいてみれば

坊主リーマンの考えたこと、買ったもの、読んだ本など

通勤のお供にpodcast3選

buzz-headです。podcastって知ってますか?

僕は通勤時間が短い時で片道60分今では80分というなかなかの時間で音楽だけ聞くのもなぁと思っていた時にitunesのなかにあることに気づきいろいろと聞き始めました。ご存じでない方向けにはpodcast≒インターネットでいつでも聞けるラジオという説明でいいと思います。決定的な違いが一つだけ、ストリーミング再生でなく配信という形なので著作権のある普通の曲が流せないという点があります。

ちなみにiPhoneでは標準でアプリがありますが、Androidでも検索するとアプリがありますので聴くことは可能です。

 

今回は僕の通勤時間のお供として楽しみにしているポッドキャストを紹介します。

 

1.東京ポッド許可局

まずは現在の公式であるTBSラジオのページはお三人の写真と一緒の画像での説明だったのでポッドキャスト時代の配信ブログより引用です。

エンターテイメントとインタレストを両立させた、芸人3人による おしゃべりラジオ。 パーソナリティのマキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオが、 「そういう世界もあったんだ」 「そういう見方があったんだ」と 思えるインタレストな内容を、おもしろおかしく料理します。

最初に継続して聞き始めたpodcastです。“「屁理屈をエンタテイメントに!」”を合言葉に3人の芸人さんが本当にいろいろなことについて毎週しゃべっています。お一人ずつ紹介すると以下の方々(敬称略)。

・マキタスポーツ

・プチ鹿島

・サンキュータツオ

マキタスポーツさんは最近ゴッドタンや俳優活動で顔を見ると分かる人も多いかもしれません。サンキュータツオさんは日本語を長く学んで面白論文や国語辞典に一家言がある人です。時々日テレのZIP!などニュースバラエティでアニメ関係のおススメする人として出てきたりします。プチ鹿島さんは・・・スイマセン。僕の日頃のテレビ等では引っかかってきませんがプロレス・落語・時事ネタを得意として聞いていて面白いです。

プロレスとか落語とか今までに知らなかった世界を知るきっかけになったり下手なTV番組より自分の中に落ちてきます。

当初はその名の通りpodcastのみの配信でしたが、徐々に影響力を高め現在ではTBSラジオの土曜27時~28時という深夜なんだか早朝なんだかという枠で放送しています。

 

2.日経トレンディ

日経トレンディの解説ページから引用。

日経トレンディ発行人・渡辺敦美が、旬な話題やキーワードをテンポ良く解説。これを聴けば、1週間分のネタが仕込めます。ネタ本ならぬ、ネタポッドキャストとしてご活用ください! 

 僕が聞き始めたころは編集長だった渡辺敦美さんという方とアシスタント(現在は厚生担当の ぬいたかし さん)がその時々の話題を解説してくれます。月刊誌に対して週1回ペースなので月刊購読する前は雑誌読む必要ないんじゃないかと思っていましたが、ネタがすべて雑誌からというわけでなく最新の情報も絡めているので鮮度のいい情報に仕上がっています。

 

3.バイリンガルニュース

英語担当のMichaelと日本語担当のMamiが独自のセンスで選んだニュースを英語と日本語で紹介した後、バイリンガル会話形式(英語と日本語を交互に話すスタイルについて、2人が名付けた造語[1])で意見を交わすというユニークな形をとっている。 

 こちらは英語の勉強のため!といいつつ気合を入れなくてもゆるい雰囲気で聞いていられるpodcastです。公式HPはないようなのでwikiより引用しました。

通常の話題となったニュースもありますが、2人の独自の視点で日本ではあまり広まっていないテーマを取り上げることが多くありそれにまつわる新たな単語をしるきっかけにもなります。

 

いかがでしたでしょうか。どんなに満員電車でも歩いていても耳は空いています。気軽な情報摂取もしくは暇つぶしにpodcastおすすめです。

 

 

【スポンサーリンク】