ボーズ頭をのぞいてみれば

坊主リーマンの考えたこと、買ったもの、読んだ本など

大吉?凶?大宮氷川神社でのおみくじ

buzz-headです。 

少し遅くなりましたがそろそろ参拝客も落ち着いただろうと1月9日に我が家の近隣である大宮氷川神社に行ってきました。寒いながらも天気が良く同じことを考える人も多くお守りやおみくじには5~10分の行列ができていました。今回はそこで引いたおみくじの話。自分と奥さんに今まで引いたことのない目が出てきたのでご紹介します。
 

1.平

 奥さんが引き当てた目です。調べてみると凶の一群から一つ上くらい。まさに平ですね。実際中身もだいたいのことは可もなく不可もなく丁寧に生活をして注意していきましょうと言った感じです。
 

2.吉凶相交

 自分が引き当てた目です。調べてみると大宮氷川神社では凶の仲間で一番下から一つ上みたいです。何事も心がけ次第ですが、手を抜くと痛い目に遭うでしょうという内容でした。・・・まあ当たり前ですが、ギクリとする部分もあったので昨年以上に丁寧な仕事・生活を心がけていきたいと思います。
 

3.吉

 こちらは息子が引いた目。自分だけかも知れませんが、恥ずかしながら今まで吉は吉群のなかで一番下だと思っていました。大>中>小>無印かなと。今回神社本庁のおみくじについての解説を読んだら序列は大吉の次なんですね。無印が基本でその上と下がある。
 
番外編 大大吉
 テレビでやっていた話です。京都の伏見稲荷大社や東京は靖国神社などいくつかの神社では大吉のさらに上に大大吉を設定しているそうです。百万単位の参拝客で1人出るとか。そこでその年の運がキタ!って思うか使い果たしたと思うかもまた心がけ次第と言ったところでしょうか。
 
いかがでしたでしょうか。今回引いたくじは木に結んでしまい、写真を撮るのもその運を持ち歩くと思ってやめましたが、神社本庁の解説によると吉凶判断よりも書かれていることを意識して生活することが大切とのことです。
 
 

 

【スポンサーリンク】