ボーズ頭をのぞいてみれば

坊主リーマンの考えたこと、買ったもの、読んだ本など

休み明けは仕事に行きたくない!僕が自分をなだめすかす3つの方法

buzz-headです。 

年始は何とか3が日+1日休めて4日から仕事始めです。年末の3日間と併せて1週間休むと会社に行きたくなくなるのが人情ですよね。家でゴロゴロするのが大好きな僕は3連休以上あるといつも最終日は憂鬱になります。そこで今回は僕が実践する仕事前の休日に自分を宥め賺す(なだめすかすこんな字と初めて知りました・・・)3つの方法をご紹介します。
 
 

1.少しだけ仕事のことを考える・書き出す

 人は頭の中で漠然と思っていることは大げさに考えてしまうことがあるそうです。明日は仕事だぁ嫌だなぁと思っているだけだとモヤモヤが止まりません。そこで少しだけ仕事のことを考えると気が楽になります。
 僕の場合明日朝イチで行うこと、午前中に行うことを書き出してみると少し落ち着いて明日へ移行できるようになりました。
 
 

2.日曜日(=仕事前)にすることを決める

 五郎丸選手ではないですが、何かをするにあたってルーティーンを決めると気分の切り替えになりすますよね。僕の場合、日曜日(=仕事前)にすることを決めておくと休みモードの終了という切り替えができるようになりました。具体的には靴を磨くこと、紙のゴミの仕分け、など他愛のないことですが体と心に明日からまあがんばるかと声をかける感じで休みモードの終了を告げています。
 
 

3.好きなことをしてリラックスする

 最後にやっぱり大切なこと。何かしら自分の好きなことをしてリラックスする。心の安定が体の健康にもつながりますしね。
 僕の場合は風呂に入って本を読むこと。平日はビジネス書なんかも読みますが仕事前は気楽に読める小説やマンガです。最近は自分の中では画期的発明の防水電子書籍端末KoboH2Oで読むことが多くなりました。
 
 
番外編 スキンシップ
人はスキンシップを取るとオキシトシンという物質が分泌されて安心感を得られるそうです。僕の場合、子どもを寝る前にこそばしたりして無駄に興奮させたと奥さんに怒られながら眠りにつきます。(子どもそれぞれでしょうがスキンシップの効果か子どもも興奮した割には案外素直に寝ます)
 
 
 
いかがでしたでしょうか。Yahooリアルタイムなどでタイムラインを眺めていると明日が仕事だぁという嘆きが多く見られました。少しでも気を楽にして仕事に行けるといいですね。

【スポンサーリンク】