ボーズ頭をのぞいてみれば

坊主リーマンの考えたこと、買ったもの、読んだ本など

マンションの管理組合理事を1年やってみて

buzz-headです。

 

ですます調になったりである調になったりしてます。独り言や日記系はであるの方が書きやすいですね。経験を紹介するのはですます調が話しやすいですね。

 

マンションの管理組合の理事。聞いただけで面倒臭そう・・・というイメージがあるでしょうか?私は新築3年目のマンション理事をこの6月まで1年間やっています。まあ月1回2~3時間拘束されるという点は人によっては面倒くさいかもしれませんが、集合住宅である以上自分たちの環境は自分たちが守っていく、ルールを決めていくと考え前向きに参加することができました。

議事進行とかは管理会社が行い、資料作りも基本は管理会社の方が行ってくれているので各担当に大きな負担はありません。会計処理(管理費会計や修繕積立金など)も管理会社がやってくれています。

200世帯くらいの世帯数で、理事長、副理事長、会計担当、広報担当、駐車場担当、ペット担当、防災担当、営繕担当、共用施設担当、監事と10人で構成していましたが、実質何らかの役割・作業を理事会参加しているのは理事長と広報担当くらいでしょうか。注意喚起の文書などは管理事務室で作ってくれますし思ったほどやることはありませんでした。

 

理事会では、台風に伴って防災用品をどうしようとか、騒音苦情への回答方針、定例の会計報告、などが行われてきました。9時から始まって長くても2時間半早くて1時間といったところでしょうか。

 

まあ新築で管理会社もしっかりしているところで、まだ3年目という大規模修繕計画などにもタッチしなくて良いタイミングだったからかそれほどの負担感はありませんでした。

 

大規模修繕で修繕積立金を今後変更(値上げ)しなければならないという話もあるのでその頃は少し大変になるのかもしれません。

逆にそれに携わって自分で決めたいという人もいるかもしれませんけどね。

 

管理組合の理事会ってこんな感じというお話でした。

【スポンサーリンク】