ボーズ頭をのぞいてみれば

坊主リーマンの考えたこと、買ったもの、読んだ本など

たかが100円、されど100円

buzz-headです。僕はどちらかと言ったらお金に頓着する方です。幸いお小遣い制ではありませんがコツコツ無理ない範囲で小遣い稼ぎに励んでおります。今回は100円(相当)を給料以外から稼ぐことについて考えてみました。

f:id:buzz-head:20151130165637j:plain

 

1.利子に働いて稼いでもらう

としこ に働いてもらうという表現は昔小説で読んだものですが、実際のところ定期預金の利子で100円はなかなか大変そうです。
例えば100万を0.1%で預けても1ヶ月では100円に達しません。(1,000,000×0.001÷12=83)
ということは日々のナナコやTポイントカードで1%ポイントをコツコツと貯めるのもなかなか意味があるのではないかと思います。
 

2.株で稼ぐ

株って、どんな印象でしょうか?ギャンブル?投機?分からない?
僕はチョボチョボというレベルながらようやく投資暦10年に届こうかというところです。実際とっつきにくいし素人の考えとかけ離れたところの要因で値動きがある場合もあり大きく稼ごうとなると本腰入れて勉強しトライアンドエラーが必要ですが、月に1万円くらいを目指すのであれば週1〜2回時間を割くくらいで可能です。僕の場合10万円以内の現物株手数料がかからない松井証券で5万〜10万円くらいの銘柄を複数選んでチャートや市況ニュースで日経平均株価やNYダウの動きを気にしながら小遣いの足しとしています。
 

3.クレジットカードのポイントで(実質)稼ぐ

抵抗のある人もいるかと思いますが我が家ではカードで払えるものはカード払いにしています。メインのカードは1.5%還元例えば1万円の支払いで150円ですが光熱費やスーパーの支払いなどを集中させれば最低でも10万円の支払いで1500円が月に還元されています。これは1.の定期預金利率の逆算をすると1800万円を預けた際の利子に匹敵します。(あくまで利子ですが・・・)
 
いかがでしたでしょうか。100円はもはやジュース1本に満たない金額ですが、お給料以外で産み出そうとすると案外大変なものですね。何か買いたいときにこの代金を生み出すには定期預金いくら必要だろうと考えることは無駄遣い防止にいいかもしれません。
 

 

 

【スポンサーリンク】