ボーズ頭をのぞいてみれば

坊主リーマンの考えたこと、買ったもの、読んだ本など

イフェクサーの減量はキツイ

個人的体感ですが、イフェクサーの150㎎から112.5㎎への一気の減量は無理でした。なんというか抑うつ状態が復活してこれはいかんとクリニックに急遽行くことに。

 

結果できる範囲で大丈夫なラインを探していきましょうということで、3日150㎎飲んだら1日112.5㎎というところから始めていきました。

それがだいたい1か月前のお話。

 

現在は112.5㎎を3日飲んで、150㎎を1日のペースまで持ってきました。ただ112.5㎎を3日目は午後から倦怠感がひどくて我慢するべきかどうか迷いました。頓服として処方されているわけではありませんが、しばらく止めていた夕方のスルピリドを投入して何とか乗り切りました。

 

今日から112.5㎎がまた始まりもう1回3日目まで無事過ごせたらさらに次のターンでは4日目まで伸ばすつもりです。(上手くいくかはわかりません。)

伸ばしていって6日間112.5㎎1日150㎎になったらほぼ目標達成。1週間112.5㎎になったら主治医と相談してさらに75㎎へ向けた減薬に取り組みたいです。

 

f:id:buzz-head:20200715050642p:plain



39歳になりました

Buzz-headです。自己紹介に30代と書いてありますが、6月で39歳になりました。アラフォーと変更した方がいいか年齢不詳と変更した方がいいか迷うところです。
この1年の取り組みでも考えてみましょうか。

発信をする。影響力なんて考えちゃいけません。ブログを始めたころは承認欲求的を欲するようなところもありだんだんと投稿回数が減っていきました。別に誰も見ていなくても文章を書いてネットの海に放流する(どこかで聞いた表現ですが)ことは意味のあることだと考えます。同じようにtwitterも使っていきたいと考えています。

うつの減薬。ちょうど6月に入って取り組み始めたところで、最初に飛ばしすぎたら抑うつ感が出たので2日に1回とか3日に1回とか体に変調が現れない範囲で取り組みながら1年後に薬がかなり少なくなっていればいいかなと思います。今はイフェクサー150mgだったり112.5mgだったりを飲んでいます。スルピリドを150mgを100mgに減らすことはできました。今後昼のまなくても夕方疲れすぎないという状態を作れたらいいと思います。

妻を思いやる。ふりだけでもする。妻は知的障害を持つ次男の対応に消耗しています。一方私は自閉症スペクトラム障害ということであんまり人の気持ちを慮る機能を持ち合わせていません。思ったことをすぐ口に出さずに一呼吸おいてから出すように心がけたいと思います。外でできているから身内にできないのは甘えですよね。いい加減アラフォーなので努力したいと思います。

話があっち行ったりこっち行ったりですが以上です。

f:id:buzz-head:20200630045138p:plain



LINEで人を紹介する方法

Buzz-headです。

アラフォーです。LINEは必要に駆られて使っています。
最近AさんのアカウントをBさんに教える必要があり、
調べてみました。



Google先生は偉大です。

以下の順番で操作を行うとAさんとBさんが連絡先交換しなくても間を受け持つことができます。
1.アカウントを教えたい相手(Bさん)のトーク画面を開く。
2.画面左下の「+」のマークをタップし、設定画面を表示させる。
3.「連絡先」をタップ。
4.友だちリストの中から、連絡先を教えたい友だち(Aさん)にチェックを入れて、「選択」ボタンをタップ。
5.トーク画面に、選択した友だちの連絡先が送信(転送)される。
6.Bさんはそこに表示されたAさんのアカウントをタッチするとAさんのホーム画面が現れてトークすることができる。

後で忘れたときのために投稿します。

以上です。

承認欲求

人間の住まいとか食べるとか基本的な欲求が満たされていると承認欲求というのが出てくるらしい。


フェイスブックは自分に華やかな生活がないのと他人の充実した生活や交友関係を見ると自己肯定感が下がりそうなので触れないくなっていった。ブログについても誰かに見てほしいとかマネタイズできないかとか思って最初のころはやって途中ダレた。基本面倒臭がり屋なのである。

 


それでも時たま思い立って書き綴りたくなることがある。それでブログを残していて最近はちょこちょこ書いている。承認欲求がないわけではないが誰かからコメントをもらってそれにやり取りするのが面倒くさい。ネットに流れていけばいいという気持ちで書くくらいがちょうどいいかもしれない。ブログを作ったころは誰かの役に立ちたいなんて思っていた。

 


ツイッターも最近は時々体調をつづったりしている。同じ薬を飲んでいる人とかリアルタイム検索するけどほぼ誰もいいね。なんてついてないもんね。ツイッターはつぶやくで良い。

認められたいという気持ちはないわけではない。でも家族に妻に認めてもらえればいいやというくらいである。

承認欲求というより否定されたくない欲求が高い。だから黙ることを選んでいるのかもしれない。そんな親から生まれた子どもだから長男は、「〜〜はダメだよ」とか、「お父さんはしたくない」、「お母さんが困っているよ」、なんて言うと、「僕はいらないんだ〜」と全身で否定されて悲しいことを表現するようになった。自己肯定感は高めてあげたいなぁ。

イフェクサーの減量に挑戦中

イフェクサーを飲み始めて1年半近く、75mgから150mgへ増量してから半年弱経過した。新しい職場はあまりストレスも感じていないということでイフェクサーの減薬を主治医と相談して始めた。
150mgを112.5mg(75mgcp+37.5mgcp)に挑戦中である。6月6日から土、日、月と挑戦してみたら倦怠感が半端ない。土日は所定で昼寝をしているからあまり感じなかったけど月曜日働いて帰ってみたらめまいというか動けないというか。スルピリドを飲んでもすっきりしなかったので、一旦火曜日は150mgに復活させてみた。
そして10日水曜日から再度減量。昼ご飯を食べた時点では元気溌剌ではないけど、そこまでひどくもない。一応会社だという気が張っているのかもしれない。なんとか1週間はつづけて次の投薬(7月下旬)までに112.5mgで落ち着いていきたい。

焦る必要もないのかもしれないけどね。

レム睡眠行動障害で飲んでるランドセンもなかなかな薬みたいだけど減らすと暴れちゃうし、一生お薬手帳は手放せないなぁ。出口戦略が欲しいところ。

KindleUnlimited案外いいかも

buzz-headです。

 

KindleUnlimitedに登録しています。実はこれは2回目。昨年だったか一昨年だったか忘れましたがその時に3カ月299円のキャンペーンで登録したものの、そんなに読む本や漫画が少ないなぁと思った印象で継続しませんでした。

正直なところアダルト系の漫画とか写真集とか多かったし。

 

でこの3月から同じキャンペーンに再登録が可能だったのでしてみたら、結構ビジネス本とか自己啓発系とか読めるものが無くならない感じです。(今回はたまたまマンガにはあまり手を出していません。)Amazonも日々考えて交渉して増やしているんですかね。自費出版というか電子出版オンリーの小ネタ系が多かったりもしますが、中には興味で読んでみたいものもあります。

 

今日の更新では載せませんが、いくつか紹介していきたいと思います。

 

 

小説(フィクション)を読むのに気力が要るようになった

読書が唯一のちゃんとした趣味と言える。私立の中高一貫校だったので片道1時間、往復2時間で1~2冊は文庫本を読んでいた気がする。

 

風呂の中でも最低15分くらいは読書をするのが習慣だ。

 

しかし、最近小説を読むのがつらいというかなかなか気分が入らないようになった。想像力が豊かな方で基本的に小説を読む際はマンガを読むがごとくシーンが頭の中を流れていく。まあそれだけ脳をつかっているからか、疲れていると手が伸びづらい。あとうつで基礎的なエネルギー低下もあるかもしれないけど。

 

まだノンフィクション(ビジネス書、趣味の鉄道系の新書)などの方が頭に入ってくる。これは脳の中で再現するというよりかは知識として取り入れるので使っている部分が違うのであろう。

 

一番楽なのはマンガだけど、これも軽々15分で1冊終えてしまう本と半分くらいしか読み進めないモノに分かれる。何でかな~と思うと情報量の差。エッセイ系や描写が細かいと読み進めるのに時間がかかるようだ。

 

最近は、仕事でモニターを追い、通勤でスマホでKindle(本)を読み、家でもスマホを見ているし風呂くらいはぼっーとするのも良いかなと思うことにしている。

【スポンサーリンク】